東京メトロ丸の内線「東高円寺駅」徒歩7分、「新中野駅」徒歩9分、杉並区和田の歯科医院なら中川歯科医院

Web予約
マウスピースを使う矯正をご存知ですか
ドックスベストセメントのご案内
削らないブリッジ
ポリリンプラチナホワイトニングシステム
最新レーザーを用いた治療とは?

審美歯科について

審美歯科きれいな歯をお持ちの方の笑顔はとても魅力的な印象を相手に与えます。
歯並びは矯正治療がありますが、歯の色は生まれつきの要素もあるので、個人差があります。
きれいな歯であるために当院では貴方のご要望に沿った最適な方法をご提案させていただきます。
※保険は適用されません。自費診療となります。

自費治療のご案内

セラミックインレー

虫歯部分を削った後、保険治療の場合、以前はパラジウム合金という銀色の詰め物をしていました。
今はレジン(プラスチック)を使いますが、このレジンは水分を吸い収縮し、経年変化による退色がみられます。
セラミックスの詰め物ですと歯の色に合わせることができるので自然な仕上がりになり、収縮や変色がありません。大きく口を開けて笑っても大丈夫です。

メタルボンド

金属の土台の上にセラミックス(陶材)をのせるこの治療法は天然歯そっくりの色調に作ることができるため、ほとんど自分の歯と区別がつきません。またメタルボンドはレジン(プラスチック)のような収縮や変色もなく、寿命も半永久的とまでいわれています。

温度による膨張・収縮率の異なる金属と陶材の接着という難しい技術もクリアした、強さと美しさを合わせ持っている治療法です。またブリッジや連結冠などいかなるケースにおいても使用出来るという利点があり、審美製の高いセラミックスと耐久性の高いメタルの長所を兼ね備えています。

オールセラミック

従来のメタルセラミックスと違い、金属を使わないかぶせ物です。
金属を使用しないため光を透過するので、天然歯と変わらない透明感があり、高い審美性を得ることができます。また、金属アレルギーの方にも安心してお使いいただけます。

ファイバーコア

被せ物の土台として金属が使用されることが多いですが、金属と歯の硬さの違いや土台の形状により歯根が割れてしまうこともしばしばです。そこでファイバー素材の土台をいれてあげることで、ファイバーがもつしなやかさで歯根にやさしく、歯根の破切を予防します。
また被せ物をつける際、より自然な色あいを再現することが出来ます。

ラミネートベニア

ホワイトニングでは歯が白くならない場合は歯の表面をごくうすく削り、セラミックスの薄い歯(0.05mm)を貼り付ける方法です。
セラミックスなので強度があり、細かい色の調節が効き、ある程度の形状修正もできます。強固な接着なので、通常の生活ではがれる事はまずありません。

金属アレルギーについて

原因の分からない手のあれや、全身の湿疹などはございませんか?
お口の中の金属の詰め物などによってアレルギーを引き起こされている可能性も考えられます。
もし心配な点があれば、お気軽にご相談ください。

ジルコニア

透明感があるセラミックで、強度もあり金属を必要としません。
歯科界では最高峰の素材です。

ゴールドFCK(フルクラウンジャケット)

虫歯の再発がとても少ない金のかぶせ物です。
金属アレルギーの方も安心です。

保険治療と自費治療の違いについて

保険治療は健康保険により7~8割(場合により9~10割)が助成されるもので、非常に安く治療が受けられる制度です。しかしこの制度はすべての治療に関して使用材料・部位、治療方法などが細かく決められており、最新の治療方法などには反映されておりません。つまり、咬むという歯が本来持つ機能面のみ重要視した治療が保険治療と考えていただければよいでしょう。
一方、自費治療とは健康保険制度が適用されない治療、たとえば

■より自然に見えるセラミックの歯を入れたい
■より良い装着感を追及したい
■入れ歯のバネを目立たなくしたい
■金属床の入れ歯にしたい
■インプラントを入れたい
■矯正治療をしたい

などですが、感覚的・審美的な面やより良い素材を追及しようとすると、現行の健康保険制度では適用されない治療をさします。
自費治療は保険が適用されないため全額自己負担となり、治療費用も割高となってしまいますが、違和感のない自然な仕上がりと快適さが期待できます。

当歯科医院では保険治療を基本としておりますが、咬む機能の回復だけでなく、自然さ、美しさを追及される場合は、審美歯科をお勧めしています。
その際も、金額、期間、メリット、デメリットなどをご説明し、ご納得をいただいてから治療に入ります。ぜひお気軽に担当医師にご相談ください。

シェードテイキング

ラミネートベニア 一言で「白い歯」と言っても、人それぞれ歯の色は異なります。
より患者様の歯の色に近づけるために、シェードガイドというものを用いて色あわせ(シェードテイキング)を行います。
これを行うことによって、どの歯を治療したのか区別がつかないほど見た目が自然な仕上がりになります。

削らないブリッジ【ヒューマンブリッジ】(minimum intervention bridge)¥248,400(税込)~

1本のみの欠損で前後の歯に治療跡がなく、萌出方向(生えている方向)に問題がない場合です。前後に治療跡があっても問題なく治療できますが費用が変わってくるケースがあります。また欠損本数によっては値段が大きく変わることもありますので都度相談になります。



今現在、歯を喪失した時に行う治療法としては

  1. ●入れ歯(義歯)
  2. ●ブリッジ
  3. ●インプラント

の3種類があります。それぞれの長所、短所としては・・・

 
長所
短所
入れ歯 歯を削らない、比較的早く作れる 口の中での違和感が大きい、
見た目が悪い
ブリッジ 見た目が良い、違和感がほとんどない 両隣の歯を健康な歯であっても削らないといけない
インプラント 見た目が良い、違和感がない、
他の歯を削らない
骨の状態や全身疾患に左右される


一番メリットが多いのがインプラントになりますが、高齢の方で糖尿病や骨粗しょう症等の全身疾患をお持ちの方はできないケースが多く見受けられます。
そうなると次にブリッジが考えられますが 大きく歯を削らなくてはいけないというのは患者さんにとっても私たちにとっても出来るだけ避けたいことです。

そこで新しく出来たのがminimum interbention bridge (ミニマム・インタペンション・ブリッジ)です。削るのはほんの少し刻みを入れる程度です。ほぼ削りません。
通常のブリッジとくらべて見た目もあまり変わりませんし、違和感もほとんどありません。
当然取り外す必要もありません。
保険適用外ですが通常の保険適用外ブリッジと比べれば費用も約半分程度です。

手順

  1. 1. 歯に刻みを入れる
  2. 2. 型を取る
  3. 3. セットする

だけで麻酔も要らなければ、ほぼ削ることもなく、通う回数も2~3回です。

1. 奥歯の欠損を修復します 2. 少しだけ削ってアタッチメントを装着します
修復する歯の裏側 3. 修復後


ラミネートベニア 前歯の場合でも適用できますし、欠損歯の本数も限界はありますがある程度までは対応できます(ご相談ください)
歯にはめてある金属もかなり薄いのでほぼ違和感はでないはずです。
このように現在は色々な新しい治療法が開発されてきています。入れ歯や詰め物など他にもいろいろな材質、方法がありますので相談していただければ幸いです。