東京メトロ丸の内線「東高円寺駅」徒歩7分、「新中野駅」徒歩9分、杉並区和田の歯科医院なら中川歯科医院

Web予約
マウスピースを使う矯正をご存知ですか
ドックスベストセメントのご案内
削らないブリッジ
ポリリンプラチナホワイトニングシステム
最新レーザーを用いた治療とは?
2020年11月7日
コロナ禍における定期メンテナンスについて

こんにちは中川歯科医院です。

今年はコロナウイルスの影響で色々なことについて例年と違う状況になっています

例年だと12月ぐらいになると定期クリーニングや痛みが出た方が来院されて非常に込み合いますのでこのぐらいの時期に早めのタイミングで来院されるようにブログを書くのですが今年はどうなるのか予想がつきません(今のところは10月ぐらいから学校健診等もあり子供たちの来院がふえて混んでいる状況です)

 

傾向としては定期的にみえていた60、70、80代の方の来院が少ないように感じていますし、学校健診では子供たちの口の中が例年より荒れているなと感じています。

 

ご高齢の方の来院に関してはなかなか難しい部分もありますが口の中が汚れているといろいろな菌やウイルスが体内に入りやすくなります。感染の確率を下げるために定期メンテナンスは有効ですので迷っている方には来院を勧めています。

 

お子さんたちについては10代のうちに永久歯を虫歯にしてしまうことは将来にわたって大きなダメージとなります。また乳歯にに関しては短期間であっという間に大きな虫歯になります。極端な食生活ですと(こまめに食べる、飴等をいつもなめている)2~3ヶ月で大きな穴が開くこともあります。

 

中高生の歯科受診率が非常に低くなっています。小学生までは親御さんが連れてきてくれるのですが中高生になると途端に受診率が下がります。永久歯に生え変わって初めの数年はまだ歯の表面は完成していません。

また、よく食べる時期ですし、間食も増えます。とくに夜食べるようになることが多いようなので非常にリスクが高いです。お手数かと思いますが保護者の方よりしっかり話をしてあげてください。

 

ウイルス、細菌感染の類(特に口腔より侵入する可能性のあるもの)の感染率は口の中が汚れているほど確率が上がります。手洗い、うがいを徹底することによってインフルエンザの罹患者が激減していることからもわかるかと思います。コロナウイルスの影響だけに惑わされずお口の中の管理はしっかりしていくことでコロナウイルスも含め感染率を下げることができます。

 

当院としてもコロナウイルス対策をしっかりとして皆さんの来院をお待ちしています。

 

 

当院の感染症対策として

 

・来院時の検温

 

・アルコールによる手指消毒

 

・治療開始前のPOICウォーター(次亜塩素酸水)によるうがい

 

・換気扇は待合室に1つ 診療室に1つ 技工室に1つの計3つをフル稼働させています(寒いですが)

 

・患者さん1人治療終了後にチェアーは次亜塩素酸水による拭掃を行っています

 

・私たちはフェイスガード、マスクを診療中は常時つけております

 

・待合室と診療室に空気清浄機を1台ずつ設置

 

 

これで完全に防げるというものではないのかもしれませんができることを1つずつ行ってます。