東京メトロ丸の内線「東高円寺駅」徒歩7分、「新中野駅」徒歩9分、杉並区和田の歯科医院なら中川歯科医院

Web予約
マウスピースを使う矯正をご存知ですか
ドックスベストセメントのご案内
削らないブリッジ
ポリリンプラチナホワイトニングシステム
最新レーザーを用いた治療とは?
2017年4月18日
中川歯科医院80年の歴史

こんにちは、中川歯科医院です。

今日は中川歯科医院の80年の歴史を皆さんに少しお話ししようかと思います。

中川歯科医院の現在の院長 中川 篤実 3代目院長になるのですが初代のお話から書いていこうと思います。

中川歯科医院が開院したのは昭和11年4月16日 場所は現在と同じ場所になります。

院長は中川孝 明治38年11月23日生まれ

15代杉並区歯科医師会長

また、東京都歯科医師会会長も務めておりました。

その他にも武者小路実篤先生を敬愛してやまず、色々と先生のお世話をしており

武者小路先生の著作についての執筆活動を行っておりました。

詳しくはこちらhttp://www.city.niigata.jp/info/bunka/niigatakara/search/detail.asp?eventId=1182

当院の昭和11年ごろから40年ごろまでの写真を見ると

よく見ると武者小路実篤文庫と書かれているのがわかります。

また開院の際のビラを見ると

ちなみに開院当時は診療時間は朝の8時から夜の8時 日曜祝日は午前中診療という超ハードスケジュール。

頭が下がります。

時は過ぎ昭和46年~47年ごろに2代目中川杉生が診療所に入ります

写真で白い白衣を着ているほうです

中川歯科医院 スタッフ

昭和40年代年中ごろにに1度診療所をリフォーム

昭和50年代中ごろにもリフォーム


昭和60年に初代中川孝が亡くなり、杉生が2代目院長に就任します。

昭和63年に大幅建て替え工事を行います。

現在の診療所から徒歩3分ぐらいのところ新渡戸学園の正門近くに仮の診療所を借り1年間移転。…このころの写真がありません。

そして平成元年から現在の場所に戻り、新診療所で診療開始。

私3代目は中川篤実はこのころ小学6年生、宇野官房長官が新しい元号”平成”と発表したころに引っ越しの準備をしていたのを覚えています。

時は過ぎ、平成22年から3代目中川篤実が診療所に入りました

このころはだいぶ設備が古くなっていたので、いろいろと新調。

デジタルレントゲンやパーフェクトぺリオ、電子顕微鏡、新しい診療台が導入されました。

ドックスベスト治療、ヒューマンブリッジを導入したのもこのころです。

そして、平成27年11月 3代目中川篤実が院長に就任(2代目杉生はまだ健在ですのでご安心ください(笑))

レセコンを新調し、半導体レーザーを導入するなどしています。

あと20年後には開院から100年を迎えることになります。私は61歳になっていますが早死にしていなければまだ診療しているでしょう。4代目候補はいますが私個人としては本人が好きなことをやってくれればいいと思うのでどうなるかはわかりませんが(笑)。

まずは90年目指して地域医療に貢献して行きますのでよろしくお願い致します。 

東高円寺、新中野の歯科

 中川歯科医院 03-3381-6319

(杉並区和田・堀之内・高円寺南、中野区本町)

杉並区和田で開院して78年、祖父、父、私@3代目と地域に密着し治療を行ってきました。

子供から高齢の方の治療まで幅広く対応し、なるべく体や歯に負担のかからない方法を中心に新しい治療を取り入れています。

HP:http://www.suginami-dc.com/  

facebookページでは衛生用品のセール情報などを配信しています

http://www.facebook.com/kezuranai